単体考察

     レートや大会などでゴツメジャローダを使っている人をちらほら見かけるようになりました
    数人の方にリンクも貼っていただきましたが、参照先が中途半端な構築記事しかないなのもどうかと思うので今一度ここで詳しく解説しておきます
     ちなみに、今のゴツメ、光合成それぞれの所持率はこんな感じです(4月上旬現在)

    zyaroa zyarowza

    (PGLより)
     まだこの型が無名だった頃は、ゴツメは1%程度の所持率で、光合成に至ってはランク圏外の持ち物でした。今となっては随分メジャーな持ち物と技になっていました
     第5世代からゴツメを持ったジャローダ自体は既に存在していたので確証はないですが 、自分の名前が各所で散見されているのを見るに、環境に少しでも影響を与えることができたのかな、と思っています。まあ某有名生主の力で一気に広まった感はありますが^^;

    ●ゴツメジャローダとは
    serperior

    【特性】あまのじゃく
    【性格】臆病
    【努力値配分】H252 D4 S252 H252 or H252 B84 S172 
    【技構成】
    確定技:リーフストーム/リフレクター/光合成
    選択技:蛇睨み/挑発/宿り木のタネ/巻き付く/めざめるパワー岩、炎、地面(選択)
    【持ち物】ゴツゴツメット

     基本的な型はこんな感じです
     HS振りの場合は、先発で出てくる可能性が高いDLポリ2に強くするためにDL対策のD>B調整となっております。このポケモンはできるだけ居座り続けたいポケモンなので両刀ガルーラやクレセリアの冷凍ビーム、電気タイプのめざ氷などに強くするためにもHほぼ極振りを推奨しています。HPは光合成の回復効率を良くするために偶数の方が良いと思います
     ゲンガーやメガルカリオを抜くことを諦めてSをガブ抜きまで落として後出しが効くようにBDに振り分けるのもアリです。別に光合成の回復が追いつかなくてもジャローダが落ちるより前にガブやガルーラをゴツメ反動リフストで削りきれます。グロパンに関しても、このポケモンはとりあえずリフストを打っておけば1:1以上に持っていけるので、さほど問題ないです

    選択技について

    挑発
    →カバルドンやナットレイ、クレセリアを完封できる。剣舞ガルドやクチートも処理しやすくなる
    蛇睨み→S操作が必要な対面構築に。苦手なポケモンも強引に突破できる可能性が生まれる
    宿り木のタネ→交代先に負担をかけやすい。ミラコスイクンにも強くなれる
    巻き付く→相手の交換読み交換を許さない。居座って強引に突破しようとしてくるミラコスイクンをキャッチして処理できる。催眠ターンを消費できるので、カバルドンの欠伸も対策できる
    めざ岩→ファイアローやウルガモスを後出しから処理しにくい構築の場合

     運用方法は、とりあえず初手に投げ物理アタッカーをリフレクターと光合成でハメて、余裕があるなら麻痺を撒いてリフスト連打の試行回数を稼ぎそのまま起点にしていく感じです
     上手くいけばそのまま上昇したCで3タテすることもザラにありますし、途中で止められてもリフレクターと麻痺で裏のサポートができます

    有利な相手―ガルーラ、ガブリアス、カイリュー、キノガッサ、マリルリ、ローブシン、ランドロス(スカーフ以外)などのメジャーな高火力物理アタッカー、後はタイプ的にWロトムやスイクン、カバルドン等が挙げられます
    不利な相手―バシャーモ、リザードン、ヒードラン、ファイアロー、ゲンガー、ボーマンダ、ボルトロス、ウルガモス、Hロトム等が挙げられます

     ゴツメジャローダは特に有利不利がハッキリしてるポケモンなので、そこを活かして相手の選出を読んでいきたいですね

    ●この型を作った理由

     ジャローダは単タイプであり繰り出し性能が低いので、できれば初手で出したいポケモンです
    しかし、ガルーラやローブシンに初手で出てこられると、普通の襷や珠ジャローダでは最低限の仕事しかできません。それは非常にもったいないなと思ったので、逆にこいつらをカモにしてやろうと考えたのがこのゴツメジャローダです
     ジャローダで物理受けをするメリットなんかあるのか?という声もありますが、なんといってもこのポケモン最大の武器は威力130の積み技あまのじゃくリーフストームと何ターンもの居座りを可能にする光合成です。ゴツメジャローダの強みは、物理受けをこなした後、超高火力のアタッカーへと転じることができる点にあります。こんな芸当がこなせる物理受けポケモンが他にいるでしょうか??ジャローダを長いターン維持するということは、リフスト連打で火力を上昇させていくことととても相性がいいのです

    ●相性の良いポケモン

    charizard-megaxlucario-megasalamence

     リザードンなど単純にリフレクターや麻痺の恩恵を受けやすい積みポケモンが望ましいです
     特にボーマンダルカリオなどのS操作が重要なポケモンがオススメです 
    enteityranitarsuicuneazumarillmamoswine

     相性補完で考えるなら、やはりゲンガー、ウルガモスに後出しできるチョッキエンテイヒードラン、炎タイプに強いスイクンマリルリボルトロスの電磁波を無効化し、氷技を半減できるマンムーなどが使いやすいです。これらのポケモンは先発のガルーラを誘いやすいのでその点でも相性がいいです

    ジャローダのグッズ一覧
     497

    今回は、まだ解禁されたばかりの夢特性リーフガードのメガニウムについて紹介しようと思います
    meganium-f

    次の構築で使用するつもりでしたが、都合によりPTの完成が絶望的となったので、型を公開するに至りました
    メガニウムに興味を持たれている方、御三家統一パで使ってみたい方などに参考にしてもらえたら幸いです

    まず、多くの方が知らないと思うので、ここにメガニウムの種族値を書いておきます

    H80 A82 B100 C83 D100 S80 合計525

    パッと見、劣化ジャローダという印象が強い数字ですね。ジャローダはその特性からアタッカーとしてもそこそこ優秀で、さらに素早さの高さと、補助技の豊富さから壁張りや麻痺撒きが可能です。一方、メガニウムは耐久面がほんの少しジャローダに勝るだけでアタッカーや壁張り要員としては劣ります
    そこで、夢特性リーフガードの出番というわけです。持前の耐久力を最大限に活かした構成のメガニウムを考えてみました

    【持ち物】あついいわorオボンの実など
    【性格】穏やか
    【努力値配分】H252 D180 S76
    【実数値】187-×-120-103-157-110
    【技構成】どくどく/日本晴れ/エナジーボール/光合成

    S調整

    S20振りWロトム抜き

    物理耐久
    A182鉢巻ガブリアスのげきりん 82.3%~97.8%(確定2発)
    A177メガガルーラの親子愛すてみタックル 79.6%~94.1%(確定2発)
    A200キノガッサのテクニ補正マッハパンチ 31%~36.8%(乱数3発)

    特殊耐久
    C197珠霊獣ボルトロスのめざめるパワー氷 40.1%~48.6%(確定3発)
    無振りポリゴン2のれいとうビーム 
    29.9%~35.2%(乱数3発)
    C194眼鏡サザンドラ のりゅうせいぐん 
    72.7%~86.6%(確定2発)

    特性リーフガードについて

    ・天候が晴れの時に自分は状態異常にならなくなる
    混乱状態を防ぐことはできない
    ・あくまで、状態異常になるのを防ぐだけであり、リーフガードが発動する前の状態異常が治るわけではない 

    リーフガードが適用されると、鬼火どくどく電磁波などを無効化できます
    つまり、クレセリアロトムなどの耐久ポケモンの上を取り、先攻で日本晴れを使う必要があるので、素早さはこれらを抜ける調整になっています   
    さらに晴れ下では光合成の回復量も増加するので、天候を晴れにすることにより受けられる恩恵は大きいです

    どくどくは上記の耐久ポケモンに対するダメージソースとして、エナジーボールは安定して高火力を出せるメインウェポンとして採用しました。Dダウンの追加効果も重要です

    相性の良いポケモンとして、晴れを活かせる高火力炎タイプのポケモンが挙げられます。ヒヒダルマや同じジョウト御三家のバクフーンなどがオススメです

    今回はついに解禁されたあまのじゃくジャローダの調整を記す
    serperior


    【性格】おくびょう
    【努力値配分】H68 B20 C168 S252
    【実数値】159-×-118-116-115-181(個体値:31-×-31-30-30-31)
    【持ち物】いのちのたま
    【技構成】リーフストーム/ちょうはつ/りゅうのはどう/めざめるパワー(地面)
    特性は、「あまのじゃく
    HPは10n-1調整、素早さは最速メガルカリオも考えて最速

    ●与ダメージ
    ・リーフストーム
    H215カバルドン 確定1発(112.5%~134.4%)
    H157Wロトム 確定1発(
    110.8%~134.3%)
    無振りキノガッサ  確定2発(
    51.1%~60.7%)
    C2段階上昇で、H181メガガルーラ 確定1発(102.2%~120.4%
    C2段階上昇で、H207、D1段階上昇スイクン 確定1発(106.8%~127.4%

    ・りゅうのはどう
     C2段階上昇で、H175メガボーマンダ 確定1発(
    104.1%~122.3%)
     C2段階上昇で、ステロ込H161ウルガモス 高乱1発(
    96.2%~113.5%)
     
    ・めざめるパワー(地面) 
    C2段階上昇で、H197ヒードラン 確定1発(
    110.6%~131.9%
    C2段階上昇リーフストーム+C4段階上昇めざめるパワーで、H252ギルガルド 確定1発(39.5%~46.7%+73%~87.4%)

    ●被ダメージ 

    A182ガブリアスのげきりん+珠ダメージ×2 確定耐え(
    105~124+30)
    A182キノガッサのテクニ補正マッハパンチ×2+珠ダメージ×2 確定耐え(
    52~6352~63+30)

    相性の
    良いポケモン
    suicune
    スイクン
     

    今回は、パンプりんがレートで使用していたドラミドロについて紹介する

    dragalge
    【性格】ひかえめ
    【努力値配分】H116 C212 S180
    【実数値】155-×-110-158-143-87
    【持ち物】こだわりメガネ
    【技構成】りゅうせいぐん/ヘドロウェーブ/きあいだま/ねっとう
    特性は、もちろん「てきおうりょく」

    与ダメージ
    ・りゅうせいぐん
    →H252ラグラージに、102.4%~120.7%のダメージ(確定1発)
    →H252各種FCロトムに、115.9%~137.5%のダメージ(確定1発)

    ・ヘドロウェーブ
    H252クレセリアに、50.2%~59.9%のダメージ(確定2発)
    →HD特化サンダーに、
    55.8%~65.9%のダメージ(確定2発)
    →H252チョッキマリルリに、
    110.1%~131.4%のダメージ(確定1発)

    ・きあいだま
    → H252砂下バンギラスに
    115.9%~137.1%のダメージ(確定1発)

    被ダメージ
    晴れ下のC特化メガリザードンYのかえんほうしゃが、
    40.6%~47.7%のダメージ(確定3発)
    C特化眼鏡Wロトムのハイドロポンプが、36.1%~42.5%のダメージ(確定3発)
    C特化眼鏡ニンフィアのスキンハイパーボイスが、80%~94.8%のダメージ(確定2発)

    素早さ調整
    →4振り65族抜き(ただし、ブリガロンや、60族を意識したマリルリ等を抜くのが主な目的である)


    耐久を多少素早さにまわしても、確定数にさほど影響はない 
    Sに努力値を割くメリットは大いにあるので、S振りドラミドロをぜひ使ってみて欲しい

    altaria
    チルタリス
    H75 A70 B90 C70 D105 S80
    タイプ:ドラゴン/ひこう
    特性:しぜんかいふく/ノーてんき

    チルタリスとは、第三世代に登場した、もふもふしてるだけのパッとしない種族値のドラゴンである
    火力も足りない、Sのラインも微妙、かといって耐久値もそこまであるわけでもない、タイプは優秀とはいいがたいドラゴン飛行の複合…
    はっきり言って、あのフライゴンの方が活躍の機会は多いだろう
    が、こんなポケモンにも一筋の希望の光が差し込んだ
    そう、メガシンカである

    o0400048013032639750

    メガチルタリス
    H75 A110 B110 C110 D105 S80
    タイプ:ドラゴン/フェアリー
    特性:フェアリースキン

    AC火力が大幅に上がり、物理耐久も増している
    そして何より、フェアリータイプが追加されたことにより、ドラゴンタイプに対しては滅法強くなった
    ドラゴンによる耐性も相まって、虫・悪・格闘・水・炎・草・電気の7つのタイプを半減できる
    メジャーどころでは、サザンドラサンダーロトムヘラクロスなどに強い
    対バシャーモにおいては、採用率の高いはたきおとすや、雷Pなどサブウェポンすらまともに通さないのだ
    攻撃面では、AC種族値が同じなので環境やPTに合わせてどちらか好きな方を選ぶことができる
    そこで、それぞれ有用な攻撃技をいくつか挙げてみた

    物理技
    タイプ一致:げきりん、ドラゴンダイブ、おんがえし、からげんき
    サブウェポン:じしん、アイアンテール
    特殊技
    タイプ一致:りゅうせいぐん、りゅうのはどう、 ハイパーボイス
    サブウェポン:だいもんじかえんほうしゃ、れいとうビーム

    物理型の利点としては、フェアリー技+地震の相性の良さである
    特に、地震はフェアリータイプが苦手とするヒードランギルガルドに対して打点が取れる 
    そして、竜舞という積み技の存在もある

    次に特殊型の利点だが、ボーマンダ等の威嚇を無視し、安定してダメージを与えられる点
    炎タイプの技でハッサムナットレイなどの物理型にとって厄介なポケモンをほぼ一撃で葬れる点である 

    【竜舞型】
    ようきorいじっぱりASベース
    技構成:りゅうのまい/じしん/おんがえし/からげんきorげきりんorみがわり(選択)
    起点を作って、竜の舞を積み、恩返しと地震の範囲で全抜きする型である
    ドラゴンタイプの技が必要になるのは、メガリザードンYやファイアロー、Hロトム等の浮いている炎タイプくらいなので、そこまで採用する意味はないかもしれない

    【特殊基本型】
    れいせいorひかえめHCベース
    技構成:ハイパーボイス/じしん/だいもんじ/はねやすめorほろびのうたorりゅうせいぐん
    広範囲に対応できる型。バシャサンダーナット等に強い

    【コットン物理受け型】 
    ずぶといHBC調整
    技構成:コットンガード/羽休め/ハイパーボイス/だいもんじorかえんほうしゃorほろびのうたorどくどくorほえる(選択) 
    優秀な耐性を活かしてコットンガードで要塞化し、物理を詰ませる型である

    このページのトップヘ