構築記事

     今回は珍しくレート以外の使用構築の記事を書かせていただきます
     愛媛という辺境の民ですが、実は、背伸○オフにこっそり参加していました
     パンプりんという名前で参加しなかった理由は色々あるのですが、面倒くさいのでここでは省きます
     
     以下が使用構築です。レートで使用していた某ドリュウズスタンを改変したものです

    マンムー@襷 地震/礫/毒毒/ステロ

    メガバシャーモ@石 フレドラ/膝/守る/鬼火

    メガゲンガー @石 鬼火/祟り目/ヘド爆/気合い玉

    エルフーン@残飯 宿り木/身代わり/ムンフォ/アンコ

    水ロトム@オボン 鬼火/電磁波/ハイドロポンプ/ボルチェン

    バルジーナ@ゴツメ ブレバ/イカサマ/挑発/羽休め 

     構築のコンセプトは、他のポケモンで状態異常をバラ巻き、やどみがエルフーンで優位に立ち回るというものです。 基本選出はマンムー+エルフーンorミトム+その他1匹という感じです
     結果はタイトル通り4-2で予選抜けはしたものの、本戦で択負けとプレミをやらかし、早々に4にました 

     それでは、個別解説に移ります

    マンムー
    mamoswine

    【性格】陽気
    【特性】厚い脂肪
    【実数値(努力値)】185-182(252)-101(4)-×-80-145(252)

     ステロと毒撒く係。それと重いマンダを牽制する役割を担います
     技スペに悩まされたポコモンですが、状態異常やバシャーモ、宿り木で削っていく構築なので終盤の掃除にも活躍する場面が多い先制技の礫を他の氷技より優先して採用しました。見事にハマったので技構成はこれでいいと思います。とにかくエルフーンのための場づくりをするためのポケモンなので一見沼に見える居座りなどをして雑に扱いました

    メガバシャーモ
    blaziken-mega

    【性格】意地っ張り
    【特性】猛火→加速
    【実数値(努力値)】165(76)-189(252)-90-×-90-123(180)→165-233-100-×-100-143

     ほぼ確実に上から高火力を叩き込む最強ポケモン。故にこの構築の打点となります
     フレドラ、膝、守るは個人的に必須だと思っているので即決定、残り1枠を宿敵かつ、現環境で通りの良いマリルリを無力化できる鬼火にしました。そして、ガルーラ対面で守った後の安定択です。一発でもっていけないポケモンとの対面も鬼火があれば打ち勝つことができます
     S調整は臆病ドラン抜きまで振って、DL対策もできないし、耐久に振ってもしょうがないなと思い抜き抜きまで振りました。バ○リが臆病眼鏡ドラン使っていたような気がするし調整が活躍するかもしれません
      守るが非常に択ゲーを生みました

    メガゲンガー 
    gengar-mega

    【性格】臆病
    【特性】浮遊→かげふみ
    【実数値(努力値)】135-×-80-182(252)-96(4)-178(252) →135-×-100-252-116-200

     エルフーンの苦手な奴ぶっ潰す奴。ガルーラや受けルへの対策もこなします
     状態異常をたくさん撒くので、シナジーがある鬼火祟り目型。まあ特に語ることもないです

    エルフーン
    whimsicott

    【性格】臆病
    【特性】悪戯心
    【実数値(努力値)】145(76)-×-125(156)-103(44)-96(4)-181(228)

     この構築のエース 
     テンプレのハメ系エルフーン。構成もテンプレ、調整もテンプレ。特にいじる所はないでしょう 
     毒か火傷を撒いとけば宿り木入らなくても同じ悪戯心を持つ某オッサンを狩れます 
     ステロを撒いておくことで、削りの遂行速度が飛躍的に上がり、宿り木を外すまでの試行回数を減らすことができるので、個人的にステロと一緒に使いたいポケモンです。

    水ロトム 
    rotom-wash

    【性格】穏やか
    【特性】浮遊
    【実数値(努力値)】157(252)-×-129(20)-137(92)-160(148)-107(4)

     アロー受けと色々な奴の誤魔化し枠。この構築において、特殊耐久に厚くするメリットは大きかったです
     ボルトロス、ラティやウルガモス等がいる構築にも強く出られます
     というか、水ロトムというポケモンは物理受けをやるにも数値が心もとなく、物理受けとしてはマンムーやアローなどタイプ上圧倒的有利なポケモンに役割があるだけで十分なので、キチガイインフレゲームバランス崩壊レベルの超火力を強要してくる物理ポケモンよりは、等倍で堅実なダメージを入れてくることの多い特殊ポケモンに対して強くしておいた方が汎用性も上がり、使いやすいです
     努力値は物理方面をAを甘えているメガバシャーモの膝確定耐え、特殊方面は、控えめメガリザYのソラビ確定耐えまで振って、火力をドロポンでH169メガバシャーモを落とせるラインまで振っております

    バルジーナ
    mandibuzz
    【性格】腕白
    【特性】防塵
    【実数値(努力値)】217(252)-85-172(252)-×-115-101

     ガルーラや、バシャーモ、武神、ミミロップなどの格闘受け枠として突っ込んだポコモンです
     ウルガモスやバシャーモ、武神を大きく削れるブレバを採用。火力はゴミレベルなのであくまで起点回避程度の技です。この枠は元々クレセリアなのですが、クレセリアだと地面を透かせるのが浮遊オンリーになってしまい、型破りドリュウズに3タテされかねないので、飛行タイプの物理受けということでこのポケモンを採用しました
     雪崩ガルのせいで本当にガル対面は安定しないので、もはや誤魔化しといっていいレベルに成り下がっていますが、数値はBD共に優秀なのでそれ以外の型ならばそこそこ有利に立ち回れます
     毒毒が欲しいポケモンですが、挑発を抜くわけにもいかないので、定数ダメージ稼ぎは他のポケモンに任せることにしました

    以下雑な対戦レポ

    1戦目:○ 2-0
    自分マンムー、ミトム、ゲンガー 相手スイクン、ガモス、ピクシー
    先発マンスイという不利対面。毒とステロを撒いて仕事を終え、マンムー退場。ミトムで受けつつ、ボルチェンでゲンガーを出して処理したが、後続の眠るガモスにステロ込ヘド爆を耐えられたので即ミトムバック。蝶舞ギガドレを耐えて電磁波を入れ、痺れを引いてドロポン連打で突破、ピクシーをゲンガーで処理して勝ち。正直運勝ち

    2戦目:○ 2-0
    自分マンムー、ミトム、 バシャ 相手ハッサム、ラティ、マリルリ
    先発マンムーハッサム対面。バシャ警戒で蜻蛉撃ってくるのが見えてるので居座ってステロ、相手蜻蛉。後続のラティを礫で削って流星群でマンムー退場、バシャを死に出しし、マリルリ読みで鬼火をうったが、居座られた上に外す。素直に膝をうってラティ突破すると、普通にマリルリが出てきたのでミトムに引いて滝を受ける。あとは一貫したミトムで乱して勝ち。お相手はミトムは来ないと踏んでいたとのこと

    3戦目:○ 2-0
    自分マンムー、エルフ、ミトム 相手ラティアス、ギャラ、ボルト
    先発マンラティ対面、引くと思ったのでステロ選択。ギャラ後出しされる。ゴツメギャラ考慮で居座り滝を受けて怯まず毒を撒く。氷のキバ警戒でミトムに引き、その後に地震アンコで起点を作ろうとエルフを出したがダメ計で図太いロトムが落ちないと踏んだのかラティアスを投げられる。一撃でエルフーンを倒す手段はないと思い、宿り木選択、相手サイキネで火力的に眼鏡ではない何か。そのまま身代わりでハメにもっていき、ボルトも突破して重要なエルフギャラ対面。ミトムバックで毒ダメ稼ぐ読みで相手メガ地震、ここにムンフォをぶつけて大きく削り、マンムーの礫で2体掃除して勝ち

    4戦目:○ 2-0
    自分バシャ、ミトム、バルジ 相手ミトム、サザン、ガルーラ
    先発バシャミトム対面、即こちらのミトム投げる。後攻ボルチェンが入り、膝圏内に入ったと思い、膝でそのまま突破。サザンが出てきたので襷警戒でミトムバック。普通に流星群が飛んできてダメージ的に眼鏡と判断、再びバシャを出す。守らずに下降後の流星群を受けて膝でサザンを突破し、後続のガルーラの不意打ちを耐えて膝で勝ち

    5戦目;× 0-1
    自分ミトム、バシャ、バルジ 相手ガル、ボルト、ガモス
    ガルスイクンにビビってマンムーを出せなかった。ボルチェンボルトでミトムを削られていき、バシャもガモスと1:1してしまったのでボルトを削りきれずに負け

    6戦目:× 0-2
    自分ミトム、ゲンガー、エルフ 相手ボルト、ルカリオ、アロー
    先発ミトムボルト対面で鬼火を撃つと、ルカリオが出てきて躱される。そのせいでミトムを犠牲にしてしまい、アローの一貫作られて負け。ミトムに後出しする時点で特殊と確信していたので、当てていれば気合いボールがきたとしても耐えてボルチェンからのエルフ展開でほぼ勝ち濃厚だっただけに残念

    おかげ様で2万アクセス到達しました
    記念にS9で短い間使っていた構築の1つを雑に晒そうと思います

    ゴウカザル@ 残飯 鉄の拳
    陽気 H16n+1 S最速ガブ抜き 残りA
    猫の手 身代わり グロパン 岩石封じ

    ギャラドス@パワフルハーブ 威嚇
    意地 Hぶっぱ Bアローの鉢巻ブレバ耐え 残りA
    吠える ドラテ ダイビング 飛び跳ねる

    モロバレル@ゴツメ 再生力
    図太いHB
    胞子 守る 自然の力 寝言

    ドリュウズ@襷 型破り
    陽気AS
    ステロ 地震 アイヘ 岩石封じ
     
    バンギラス@バンギラスナイト 砂起こし
    陽気AS
    竜舞 エッジ 地震 冷P

    霊獣ボルトロス@珠 蓄電
    臆病CS
    10万 サイキネ 気合い玉 悪巧み 
    ファサー> E382B4E382A6E382ABE382B6E383AB

    表選出と裏選出があり、表選出は猿ギャラバレル
    裏選出はドリュバンギボルトという感じです
    一応ギャラのみ裏選出でもドリュのステロと併せて活躍させることもできます

    やることは、猿の猫の手胞子→身代わりからのグロパン連打を繰り返すだけです
    この戦法は挑発ボルトで積みます。非常にどうしようもない 構築なので誰か強い人どうぞこの構築を改良していってください

    2005

     どうもパンプりんです
     今期は過疎モンだとか言われ、インフレしまくった前期の反動かレートが伸びにくいシーズンでしたね
    俺もたいした結果は残せてません。が、最終レートで2000超えたのは珍しいので記事を書きます

     S9では色々な構築を考え試してみましたが、どれも欠陥が気になってしまい諦めました
    なので、面白味がないですが、個人的に安定するポリクチを軸にした構築に行き着きました

    ダウンロード (4)

     基本のポリ2クチートに、相性のいい竜枠として電気の一貫を切れてドランも見れるガブ、ガモスやバシャを確実に狩れるアロー、胞子を一貫させない草枠としてガルーラにも強いパンプジン、その補完としてスイクンを入れて完成ですね
     ポリクチが苦手なバシャやドランにかなり厚くしているのでそいつらには苦戦しませんでした
    最初はパンプジンの枠はゴツメジャロでしたが、あれは結局弱かったので解雇しました。なぜか知らんが流行ってるけどね
     それでは個々の紹介に移ります

    クチート→メガクチート
    クチ

    【特性】威嚇→力持ち
    【性格】いじっぱり
    【実数値(努力値)】157(252)-150(252)-105-×-75-71(4)→157-172-145-×-115-71
    【持ち物】クチートナイト
    【技構成】叩き落とす/じゃれつく/不意打ち/剣の舞

     ごく普通のクチート 
     択とじゃれつくを外さなければどんなポケモンも粉砕してくれます
     まあ同じ型を使ってる人も多いので、特に語ることはないですね

    ポリゴン2
    porygon2

    【特性】ダウンロード
    【性格】ひかえめ
    【実数値(努力値)】191(244)-×-112(12)-171(248)-116(4)-80 ※V-×-V-U-V-U
    【持ち物】しんかのきせき
    【技構成】トライアタック/めざめるパワー炎/シャドーボール/トリックルーム

     これまたごく普通のめざ炎ポリ2です
     ドランはガブスイクンで十分見れているので、ハッサムナットを瞬殺できるめざ炎にしてます
     誤魔化し性能が高いので優秀です

    ファイアロー
    talonflame
    【特性】疾風の翼
    【性格】いじっぱり
    【実数値(努力値)】183(236)-146(252)-91-×-92(20)-146
    【持ち物】鋭いくちばし
    【技構成】ブレイブバード/フレアドライブ/羽休め/剣の舞

     剣舞ファイアロー。トリル下でも先制できるのでポリクチのお供として有名ですね
     努力値はAぶっぱ、DL対策のD>B調整、残りHに振っています
     持ち物の補正が乗りませんが鋼タイプをとっとと処理できるフレドラを採用してます
     積みエースと終盤の掃除役をこなします

    ガブリアス
    garchomp

    【特性】鮫肌
    【性格】いじっぱり
    【実数値(努力値)】183-200(252)-116(4)-×-105-154(252)
    【持ち物】拘りスカーフ
    【技構成】地震/逆鱗/岩雪崩/ステルスロック

     スカーフを持っていますが、ステロを採用しています
     これにより、スカガブに2つの役割を与えることができます
     1つは序盤で有利対面を作り、ステロを撒くことです。初手クチートを警戒してドランが出てくることが多いので撒くタイミングは簡単に作れます。 相手は大抵クレセなどに引くと思うので莫大なアドバンテージが得られます。一度ステロを撒いてしまえば裏のポリクチでトラアタ叩きうっとけばかなりの負担が相手にかかります。こうなればもう止まりません
     もう1つは、スカガブ本来の終盤の掃除役です。上からの地震逆鱗で、相手が蝶舞竜舞していようが粉砕します。ここで序盤に自分で撒いたステロが活きます。カイリューのマルスケや紙耐久の襷を潰してるので止まりにくいです
     ステロを撒くとスカーフはまず警戒されないので、 油断している相手をぶちのめすことができ、本当に強力なポケモンです。まさに主人公と呼ぶにふさわしい活躍をしました

    パンプジン(小さいサイズ)
    gourgeist-small

    【特性】お見通し
    【性格】ようき
    【実数値(努力値)】161(244)-105-151(68)-×-95-158(196)
    【持ち物】食べ残し
    【技構成】鬼火/宿り木のタネ/身代わり/岩雪崩

     Hは16n+1調整
     今回は小さくて可愛い小さいサイズにしました。高レートではパンプジン自体少ないですが、いたとしても特大が大半なのでこのサイズは珍しいですね
     S種族値99という速さを活かせる「やどみが型」にしてます。やることはエルフーンと似ていますね。起点を作れば、タイプ相性が悪くてもある程度ハメることができます。ステロとも相性の良い戦法ですね
     S努力値は最速ランドロス抜き調整です。最速ガルーラでもメガ前なら上から鬼火を撒けます。意地ならメガ後でも大丈夫です
     アロー、ガモス、ボルトロスに通る雪崩を採用。怯ませれば相手の回復を妨害しつつ定数ダメージを入れられるのでその点でも相性が良いです

    スイクン
    suicune

    【特性】プレッシャー
    【性格】ずぶとい
    【実数値(努力値)】207(252)-×-173(180)-110-135-115(76)
    【持ち物】カゴの実
    【技構成】熱湯/吠える/瞑想/眠る

     メイクンという奴です
     ガブのステロと併せて昆布戦法じみたことができる吠えるを採用しました。おかげで害悪やバトンにも強く出れます
     本来ならゴツメが余っているのでこいつにゴツメを持たせたいところですが、この構築はスイクンが重めなのでミラーで強めなこの型になっています


     まあ色々なポケモンを試せたので悪くないシーズンだったと思います
     次こそは面白い構築で、説得力のあるレートを叩き出してやります
     ではノシ 

     マンダガー、ミミロップガー、ヤミラミガーとORAS発売当初は騒がれたものである
     しかし現実、上位環境はガルーラばかり!ORAS要素皆無の構築が蔓延するORAS環境!なんという矛盾!
     パンプりんは激怒した。XY環境から零度スイクンと投げガルが消えただけやないか!


     というわけでね
     シーズン8の途中ですが、ORAS要素満載の構築でとりあえず人権はあるだろうレートに乗せることができました
    2114 bro
    ※追記:2200達成ならず、この構築での最高レートは2177でした
     

     今回使用したPTがこちらです
    salamencemamoswinemagnezone
    serperioremboarsamurott
    • ボーマンダ@ボーマンダナイト
    • マンムー@気合いの襷
    • ジバコイル@拘り眼鏡
    • ジャローダ@ゴツゴツメット
    • エンブオー@とつげきチョッキ
    • ダイケンキ@オボンの実
    PTを組むまでの経緯

     ジバコマンダ
    を主軸に、マンムーと今年1月に解禁されたイッシュ御三家の夢特性ポケモンを全部突っ込んでやりました
     元々はエンブオーダイケンキの枠がエンテイスイクンで最初はそれで潜っていたのですが、単タイプ大杉ィ!先制技少なすぎィ!と思ったので可能性を感じたこの2匹を採用しました(見栄え重視7割)
     選出率はジャローダが一番高く、次点でマンダエンブオーという感じですね
     基本選出は打点重視のジャロジバコマンダかメタ重視のジャロエンブオージバコorダイケンキです
     意外にも御三家セットで選出するパターンが多々ありました。その際の勝率も中々高かった気がします

    PT詳細

    メガボーマンダ
    【特性】威嚇→スカイスキン
    【性格】いじっぱり
    【努力値配分】H4 A252 S252
    【実数値】171-205-100-×-100-152 →171-216-150-×-110-172
    【技構成】捨て身タックル/空元気/地震/竜の舞

     このPTの主力ですね。ジャロのサポートからこいつで無双するのが基本です
     基本的に受けルなどのバナがいるPT、ガルドやカイリューがいるPTに対してよく選出していた気がします
     終盤では流行り始めた毒羽マンダに変更しました

    マンムー
    【特性】厚い脂肪
    【性格】おっとり
    【努力値配分】A68 C252 S188
    【実数値】185-159-90-134-80-124 
    【技構成】フリーズドライ/地震/氷の礫/がむしゃら

     がむしゃら
    フリドラを両立している、通称沼ンムー。重い敵をこいつで粉砕します。Wロトムが全体的に重いので一貫しやすいフリドラを採用し、努力値をCにぶっぱしました
     相手の礫読みのがむしゃら→がむしゃらが決まるとほぼ勝ちが確定します
     選出率は低めです。ゲッコウガがいるとがむしゃら礫で処理するために無理をしてでも先発で出していました。受けルに対しては基本的にクッションとして選出しました
     そして、マンムーが刺さっていない構築は少ないので、このポケモンは選出誘導をしてくれます。こいつを初手で潰しにくるガルーラを後述の対ガルーラ用ジャローダでボコボコにするという算段です
     なお、途中でスカーフマンムーに(ry

    ジバコイル
    【特性】アナライズ
    【性格】ひかえめ
    【努力値配分】H220 C252 S36
    【実数値】173-×-135-200-110-85
    【技構成】10万ボルト/ボルトチェンジ/ラスターカノン/トライアタック

     マンダが苦手なクレセリアスイクンをキャッチして潰します。トラアタはやはり重いミトムサンダー意識です。水+地面の並びに対して安定して打てるのでとても便利でした。DLポリ2のトラアタに匹敵する火力を出せるので侮れません

    ジャローダ
    【特性】あまのじゃく
    【性格】おくびょう
    【努力値配分】H244 D12 S252
    【実数値】181-×-115-95-117-181
    【技構成】リーフストーム/光合成/リフレクター/蛇睨み

     その名もパンプりんジャローダ改改
     このPTのです。物理受け・起点作り・抜きエースを同時にこなす凄いヤツです
     努力値はD>B調整でやはりDLポリ2対策です。Bに振るメリットもそこまでないのと、裏のエンブオーの負担を少しでも減らすためでもあります
     リフレクとゴツメを用いて対面から鉢巻ガブ・カイリューガルーラを狩ることができます。個人的にはジャローダの型の結論だと考えています

    エンブオー
    【特性】捨て身
    【性格】いじっぱり
    【努力値配分】H44 A212 D252
    【実数値】191-187-85-×-117-85 
    【技構成】アームハンマー/フレアドライブ/ワイルドボルト/不意打ち

     ゲンガー
    ボルトロスナットレイサザンドラウルガモスなど多くの厄介なポケモンを見ることができます。特に鬼火が効かないので不意打ちも通りやすく、祟り目ゲンガーに対しては滅法強いです
     基本的にはジャローダの補助で、ジャローダの苦手なめざ氷持ち電気タイプのめざ氷に後出しして、捨て身補正フレドラで大きな圧力をかけることができます
     そして、この豚の真価は対ポリ2クチート性能にあります。ジャローダポリ2対面でポリ2に後出しして、アームハンマーを撃つことで自身のSを下げ、トリルを展開したポリ2を再び上から殴って処理できます。さらに後続のクチートに対しても上からフレドラを放つことができ、威嚇込でも乱数25パーでH252振りクチートを落とせます。余裕があるなら一旦引いてトリルが切れるのを待ってもいいし、落とせなくてもジャローダのゴツメで判定勝ちできます
     ただ、反動技ばかりなので、HPの消耗が激しかったです

    ダイケンキ
    【特性】シェルアーマー
    【性格】のんき
    【努力値配分】H244 B252 C12
    【実数値】201-120-150-130-90-80(妥協)
    【技構成】アクアジェット/熱湯/冷凍ビーム/アンコール

     シェルアーマー
    という特性を生かすべく、物理受けとして起用しています。ガブマンムーやアローを見る等、役割はスイクンと似ていますが急所に当たらないという個性があります。もう一度いいます。急所に当たりません。その点でジャローダのリフレクと凄く相性がいいのです 
     ジャロとガブの対面で剣舞を積まれて、こいつはラムくせーなと思ったらこいつで逆鱗をキャッチして処理できます。スイクンと違って火力が高いので、冷凍ビームで無振りガブリアスを62.5%の乱数で落とせるのが大きいです。落とせなくてもアクジェという保険もあります
     アンコールで本来役割対象ではないゲンガーやクレセリアの処理に貢献したりする場面が割と多かったですね
     イッシュ御三家の中で夢特性が不遇だとか言われていましたが、シェルアーマーが勝利に導いてくれた試合も多々あったはずです。縁の下の力持ちです。かなり使いやすいポケモンだったのでぜひ使ってほしいですね 

    インターネット大会のバトルオブホウエンに参加しました
    大会のことを知った時から、「ホウエン地方のみでなんとか受けループを作ってそれで潜ろう!」と決めていました
    PTの性質上とにかく運負けが酷く、1500台後半と大した成績は出せませんでしたが、自分なりに試行錯誤した構築なのでここに記そうと思います

    今回使用したPTはこちらです
     altaria-megaseaking-ftorkoal
    skarmoryregicebreloom
    ・メガチルタリス@石
    ・アズマオウ@残飯
    ・コータス@カゴ
    ・エアームド@ゴツメ
    ・レジアイス@オボン
    ・キノガッサ@毒々玉

    これでもちゃんとした受けループです
    どうしてこの構築に至ったかというと、まず汎用性の高いチルタリス、エアームド、レジアイスを中心に組もうとしました
    そして電気の一貫性を切るためのアズマオウ、クチートやメタグロス対策のコータス、ラグやクチート、原太鼓マリルリ、そしてガッサを止めるためのポイヒガッサを入れていった、という感じです
    KP上位のポケモンはほとんど対策できていたと思います

    それでは個別の紹介に移ります

    メガチルタリス
    【特性】フェアリースキン
    【性格】控えめ
    【努力値】H244 C124 D140
    【実数値】181-x-130-160-143-100
    【技構成】ハイパーボイス、火炎放射、滅びの歌、羽休め
    環境にとても刺さっていたポケモンだと思います。とにかく先発が安定して、選出率はほぼ100%でした
    努力値ですが、バシャーモを見られればそれでいいかなと考え、物理に厚くするメリットを感じなかったので、Cに補正をかけ、Dを珠バシャのめざ氷を確定3発まで振って残りをCに割きました


    アズマオウ
    【特性】避雷針
    【特性】慎重
    【努力値】H252 B4 D252
    【実数値】187-112-86-x-145-88
    【技構成】毒々、守る、身代わり、ドリルライナー
    ライボルトやジバコイルのボルチェンをカットするためだけのポケモンです
    なので、ワンウェポンに火力の高いジバコイルを素早く処理できるドリルライナーを採用しました

    コータス
    【特性】シェルアーマー
    【性格】図太い
    【努力値】H252 B252 D4
    【実数値】177-x-211-105-91-40
    【技構成】噴煙、地割れ、鉄壁、眠る
    クチートやグロス、エアームドなどの鋼タイプの対策として入れました
    地割れはヤミラミを意識して搭載しています。バシャーモに対して有効打がこれしかないので性格を呑気にして地震でもよかったと思います


    エアームド
    【特性】頑丈
    【性格】腕白
    【努力値】H252 B108 D148
    【実数値】172-100-191-x-109-90
    【技構成】毒々、羽休め、鉄壁、アイアンヘッド
    頼れる物理受けです。まあぶっちゃけこいつがいれば受けルを名乗れると思ってます
    マンダやグロスをだいたいこいつに任せていました
    サナやマンダの炎技を意識してD方面にかなり振っています。よくあるハイボ確3調整のやつですね


    レジアイス
    【特性】クリアボディ
    【性格】控えめ
    【努力値】H252  C252 D4
    【実数値】H252-x-120-167-221-56(妥協個体)
    【技構成】眠る、寝言、氷の息吹、チャージビーム
    数値でゴリ押す特殊受けです
    こいつは特殊受けのイメージが大きいですが、物理耐久もH振りだけで意地マンダの捨身を確定で耐えられる程度には硬いです。なので対面であらゆるマンダに勝てます
    技構成はヤミラミをかなり意識したものになってます。だから瞑想を貫通する氷の息吹を採用しているわけですね。ただ命中不安技しかないので外して台パンという場面もそこそこありました。チャージビームとかたいして使われてないんだから命中100にしろよ増田ァ!


    キノガッサ

    【特性】ポイズンヒール
    【性格】腕白
    【努力値】H76 B252 S180
    【実数値】145-150-145-x-80-113
    【技構成】ローキック、タネ爆弾、キノコの胞子、身代わり
    ガッサを見れるガッサです
    当初はドレインパンチを入れる予定でしたが間違えてローキックにしてしまいました
    これはこれでハメ性能が上がるので悪くはなかったんですが、珠ガッサなどにはゴリ押されました
    Sのラインはマリルリやクチートなどの最速50族抜きです
    こいつを使っていると様々なガッサ対策に遭遇しましたね(笑)特にグロスがその役割を持たされていることが多かったです



    このページのトップヘ