シングルレート

    ポケモンスクラップAコースの奴ら

    サンダー
    zapdos
    【特性】せいでんき
    【持ち物】アッキの実
    【性格】図太い
    【努力値】H252 B248 D4 S4 ※めざ氷個体
    【技構成】羽休め/放電/熱風/めざめるパワー氷 

    意地A252ガブリアスの逆鱗がアッキ込確定3発

    ファイヤー
    moltres

    【特性】ほのおのからだ
    【持ち物】ゴツゴツメット
    【性格】臆病
    【努力値】H252  D68 S188
    【技構成】羽休め/堪える/炎の渦/鬼火

    最速ギャラ抜き
    ポリクチ意識でD>B

    フリーザー
    articuno

    【特性】ゆきがくれ
    【持ち物】こだわりスカーフ
    【性格】臆病
    【努力値】B4 C252  S252 
    【技構成】フリーズドライ/暴風/原始の力/絶対零度

    控えめスカーフサザン意識で最速
    ゆきがくれの効果を活かすことはできないが、意地スカランド対面での特性発動順番による持ち物バレを防ぐことができる(ランド側は恐らく零度を恐れて上からの雪崩で早急に処理しにくる)
     

    厳選めんどうです^。^ 

     blaziken「よし。バシャガルは有利対面だ。どうせ裏はクレセだからここで勝負に出る必要もないし俺はチキンだからキチンと守るぞ!」
    kangaskhan-mega「身代わり安定行動なんだよなあ」
    blaziken「は!?????もう負け確じゃねえか誰だよ身代わりガルとか考えた糞野郎は刺す刺す刺す刺す刺す」


     
     そう、今は身代わりガルーラが比較的多い環境なので、馬車ガル対面は馬車側の有利対面とは言えないのです
     でも思いませんか?せっかく作った格闘タイプとノーマルタイプの対面なのになぜ格闘側は早速択ゲーを強いられなければならないのかと…。挙句の果てに相手側からは身代わり考慮の初手膝を地震無警戒のヤンキーだと批判されることもあります
     そこで、今回はそのような微妙な対面を確実な有利対面へと変えられるバシャーモを紹介しようと思います


    バシャーモ@オボン
    blaziken<ザッケンナコラー!

    【特性】加速
    【性格】腕白
    【実数値(努力値)】159(28)-156(124)-132(236)-×-91(4)-115(116)
    【技構成】
    確定技:鬼火/守る/とび膝蹴り
    選択技:フレアドライブ、岩雪崩、身代わり、毒毒、バトンタッチ

    HB:16n-1、特化メガガルーラの地震を親子共に最高乱数以外オボン込で確定耐え。火傷状態のA200鉢巻ガブリアスの地震を確定耐え

    A:H191メガガルーラをとび膝蹴りで確定1発

    S:1加速で最速ガブリアス抜き抜き抜き(最速105族及び準速メガボーマンダを1加速で同速ゲーへ持ち込む)


     いわゆるヤクザ馬車と呼ばれるバシャーモの非メガ版。メガバシャの抜き性能を犠牲にしてまでガルーラを意識したくない人向け
     攻撃技を馬鹿力にすると、かなりAに振らないとH181ガルーラを確定で落とすことはできず、火力も落ちていくので身代わりを張られた場合に次の馬鹿力を耐えられてしまう恐れがある。よって命中不安だがとび膝蹴りを採用している
     意地地震をほぼ確実に耐えられるので、自信を持って初手膝をぶっ放すことができる。ドヤ顔身代わりを突破された対戦相手にヤンキーとか言われたらさらなるドヤ顔でこの調整を投げつけてあげよう
     最近のファイアローはHDが非常に多いため、いざという時は無振りブレバを余裕で耐えて岩雪崩で返り討ちにしたりもできなくもない。恐らくいないだろうが、A133の持ち物補正無しブレバくらいまでならおよそ9割の確率で耐えるので参考までに
     選択技はアロー意識の雪崩か、ゲンガーに通るフレドラ、裏のポケモンを強化できるバトンなどがオススメ

     あとスカーフバシャとか使うくらいならコイツでいい


     さあ、そこのあなたも身代わりガルーラ撲滅運動に協力してみませんか???
     

     いくつか面白そうなポケモンを考えて実戦で使っていたのですが、いまいち結果が奮わないので構築記事を書くことができないでいました
     本当に強い人が使えば、想像以上の働きを見せてくれるかもしれないので、今後のオフ等でこのブログを見てくれた誰かが使ってくれることを願って何体か紹介していくことにします
     
     (「パンプりんさんのブログを見て思いつきました」とかリンクを貼りながら記事書いてくれたら尚嬉しいなあ^。^)


    ヌメルゴン@ゴツゴツメット
    goodra

    【性格】図太い
    【特性】ぬめぬめ
    【実数値(努力値)】197(252)-×-134(252)-130-170-101(4)
    【技構成】竜の波動/堪える/毒毒/眠る
     
     防御種族値に反して、対ガルーラ性能は非常に高いポケモン
     ガルーラが親子愛で2回ヌメルゴンに触れることで、1度にゴツメダメージ×2と、S2段階ダウンをお見舞いできる
     防御に特化すればこの種族値でもガルーラのあらゆる技をほとんど耐えることができるので、接触技が飛んでくると予想できるならば臆せずこのポケモンを投げていく。耐えさえすれば、Sはこちらの方が上回っているため、ガルーラを上から縛ることが可能である
     もし相打ち以上に持って行けなかったとしても、相手はSが半減以下にまで下がっている瀕死のガルーラなので裏の悪半減タイプか、先制技持ちで楽に処理できる
     ガルーラ以外にも、リザX等も仮想的のうちの1体であり、炎技に後だしすることでSをダウンさせ、抜群技の竜の波動を上から入れることができる。ニトチャや陽気最速ならば「堪える」を駆使すれば打ち勝てる
     さらにこのポケモンはヌメルゴン特有の圧倒的な特殊耐久でロトムやボルトロス等の特殊相手にも役割を持てるので見た目の割に汎用性が非常に高い

    ボルトロス@ゴツゴツメット
    thundurus

    【性格】図太い
    【特性】いたずらごころ
    【実数値】185(244)-×-134(252)-145-100-133(12)
    【技構成】眠る/寝言/放電/イカサマ

     こちらは以前紹介したねむねごボルトの改良版である
     耐久をカイリューの鉢巻逆鱗確定耐えまで確保し、イカサマを持たせることで対剣舞ハッサム、グロP持ちガルーラ性能を上昇させた。放電を撃ちたい場面で、寝言で引いてしまってもめざ氷よりは物理アタッカー相手なら通りが良い

    各種ロトム@残飯
    rotom-wash

    【性格】臆病
    【特性】浮遊
    【実数値】157(252)-×-127-125-128(4)-151(252)
    【技構成】威張る/身代わり/イカサマ/放電

     通称”破戒ロトム”
     元はとあるギミックパを考えていたときのパーツの一部
     こいつは地味にイカサマを覚えるので、怪しい光とかいう甘ったるい技ではなく威張るを採用
     フシギバナ等の草タイプだろうが電気無効のランターンだろうが例のアレでハメ殺す。遂行速度は怪しい光より断然速い
     ミラーの魔界ロトムに負けたくないので最速安定

    ナットレイ@残飯
    ferrothorn

    【性格】腕白
    【特性】危険予知
    【実数値】181(252)-114-201(252)-×-136-41(4)
    【技構成】根を張る/守る/とおせんぼう/叩き落とす

    こちらのブログ
    を参考に作成
     展開用のカバルドンなど、不利体面でも起点作りの役割を果たすために居座らざるを得ないポケモンを「とおせんぼう」で捕らえ、TODで嬲り殺すのが主な使い方
     このナットレイには通常の耐久ナットレイが持っている宿木の種を持たせていない。理由としては、このナットレイはTODに特化させたポケモンなので、役割対象がTODを成立させる前に落ちてしまうのはよろしくないからである。なので残飯以外の回復手段として「根を張る」を採用している。残飯と併せることで、ポイヒと同等の回復量を叩きだせる。そしてこの技の真価は、”使用者が吼えるや吹き飛ばしの効果を受けなくなる”点にある。これにより、吹き飛ばしがあるから逃げられるとでも思っているのんきなカバルドンを絶望の淵に追いやれるのである
     そして1Wに「叩き落とす」を選んだ。相手の回復アイテムを潰せるので、ミラーなどで有用な技である。火力アップアイテムを削ぎ落とすことで生存率を高めることもできる
     特性は「てつのトゲ」では相手に接触技で自滅という逃げ道を与えてしまいかねないので、それを許さない「危険予知」。この特性の効果はあまり活躍する場面は少ないかもしれないが、一応格闘・炎タイプの技の有無である程度の型判別もできなくもない

    随時追加予定 

    とにかく記事を書きたいのですが、偉そうに立ち回りや構築を語れるほど強くもないので、”癖”でも晒しておきましょう

    メガ枠(ガルーラを使わない奴視点)

    1位 クチート
    クチ

     相手の逆鱗をそのまま起点に変えることができ、対面性能と抜き性能も非常に高いので個人的に使いやすい
     こいつを入れることで、武神やマリルリ、ゲッコウガといった普通の構築では厄介になりがちなポケモンの処理が基本選出だけで楽になるのも大きい
     択ゲーも使っている側ならあまり気にするような要素ではない。どちらかと言うと火力バカ高い癖にお供のポリクレセ共々受けルを見れない点が気になるので別途に対策枠を用意しないといけない点の方が気になる

    2位 バシャーモ
    blaziken-mega

     膝外しという負け筋を常に孕んではいるが、上からほぼ確実に相手のポケモンを叩けるので、有利不利が非常にはっきりしており、勝てる時はマジで勝てるポケモン

    3位 ゲンガー
    gengar-mega

     だいたい構築の穴を意識して入れる2つ目のメガ枠という扱いであるが、メガ枠を使用しないギミックを是が非でも通したい時の主要なパーツとしても用いることが個人的には多い 


    非メガ

    1位 ロトム(ウォッシュ、ヒート)
    rotom-washrotom-heat

     まさに痒い所に手が届くポケモン。このポケモンを投入するだけで、ファイアロー、マンムー、ランドロス、ゲッコウガへのそこそこ安定した回答が容易できる。基本的な役割遂行は耐性だけで行えるので、自分は汎用性を持たせたいがためにHDベースにして用いることが非常に多い

    2位 マンムー
    mamoswine

     範囲が広く、様々な並びに対して刺さる
     ボルトロス対策としても有名。構築に合わせて持ち物を変えていけば相応の活躍はしてくれる

    3位 キノガッサ
    breloom

     フェアリー枠が既に埋まっており、エルフーンを採用したく無い時にまずは胞子対策として採用することが多い
     襷を用いた時の誤魔化し性能が素晴らしい。”ガッサ対策枠”といてハッキリしているポケモンが相手のPTに存在しない場合、まず腐ることはない。展開構築に対しての牽制にもなり、バンドリを一体で見れる神ポケモンである

    4位 ガブリアス
    garchomp

     マンムーの場合、リザードンやウルガモスにあまり強くないので、そいつらを意識するならば地面枠としてこのポケモンが入りやすい。 ストッパーや掃除役としての役割が強いので、ガルーラを使わない構築ならば、襷やスカーフを持たせることがほとんどだろう

    5位 ファイアロー
    talonflame

     やはり掃除役。こいつを入れておけば、バシャーモやウルガモスにめちゃくちゃにされることは無くなるので安心できる 
     ただ相手にオボンや残飯持ちロトムがいれば大体サイクル負けしてしまうのが難点

     それ以下は省きますがまあだいたいエルフーンn547とかが入ってきますかね 
     ここまで見て分かると思いますが、クチートを使うことが多いからその取り巻きをよく使ってるってことです

     今回は、使っていてこれは面白いと思ったポケモンを紹介したいと思います

     ボルトロスというポケモンは非常に強力かつ多彩で、ボルトランドコントロールで耐久ボルトが流行してからは様々な型がレートで見られるようになりました
     オボン持ちだけでも図太い、穏やか、HSなど様々な型があります
     それ以外にも、ゴツメ持ちボルトなんかも上位で使ってる人がいましたね。今回はそのゴツメ持ちボルトに注目してみました
     化身ボルトといえば先制電磁波ですが、僕はこのチートじみた組み合わせが嫌いなので(御三家パが2200乗れなかったのはこれでバグったせい)、電磁波を使わない耐久ボルトを考えてみようということで思いつきました

    ボルトロス@ゴツゴツメット
    thundurus

    【性格】図太い
    【特性】いたずらごころ
    【実数値(努力値)】183(228)-×-133(248)-146(4)-100-135(28)  ※V-×(偶数)-U-V-V-Vのめざ氷個体
    【技構成】ねむる/ねごと/放電/めざめるパワー氷

     S調整:最速ガッサ抜き

    耐久面
    A252振り意地鉢巻ガブリアスの逆鱗 83.6%~98.9%(確定2発)
    A252振り意地鉢巻カイリューの逆鱗 
    85.2%~100.5%(6.3%の乱数1発)
    A252振り意地鉢巻ファイアローのフレアドライブ  60.6%~72.1%(確定2発)
    A252振り意地珠ファイアローのブレイブバード+フレアドライブ 
    26.2%~31.1% + 53%~62.2%(確定耐え)

     183(嫌味)ボルトです。オボンを持たないので奇数です
     
     ボルトロスでねむねごをやる意味は、いたずらごころで先制でこれらを使用できる点にあります
     化身ボルトの眠るは、アローの羽休めと同じく、相手より素早さが低くても先に回復を行えるのが非常に強力です
     ボルトには普通オボン以外の回復ソースがないので、こちらが瀕死寸前のHPになった時、相手はそのまま落とそうとしてくるでしょう。そこで眠るを使い、ゴツメダメージをより多く稼いで、普通のゴツメボルトより相手をさらに削ることが可能となります
     ガルーラや捨て身ボーマンダに対しては反動ダメージも稼げるので効果的です。先制持ちに対しては、相手は有っても悪あがきの電磁波くらいだと思って攻撃技を嫌いマッハパンチや不意打ちなどを撃ってくるでしょうが、眠るで全快して絶望させてやりましょう
     
     次に寝言という技です。このボルトの場合、眠るという技があるので、攻撃技が出るのは3分の2の確率になります。運が多少絡むので不安定ですが、化身ボルトが補助技の寝言を使えば、先制で攻撃技を使うことができます
     耐久ボルトはHS振りでもない限りは、ボーマンダやガブリアスなどには上をとられてしまいますが、この技を用いることで、防御に補正をかけつつも、運次第ですが、上からめざ氷等を放つことができます。実質攻守を両立していると言ってもいいです
     放電という技を採用しているのは、この技を最大限に活かすためであり、ダメージを与えつつ3割でいたずらごころ電磁波と同じことができます。つまりボルト特有の「無限の勝ち筋」を生めるということです 
     この技は元々は催眠対策の技でもあるので、勿論催眠持ちに対してもそこそこ強いです。キノガッサやカバルドン展開などへの誤魔化しにも使えます
     
     ゴツメ持ちということは、普通はガルーラ対策ということになりますが、逆鱗でゴツメダメージを稼ぎつつ、めざ氷を上から撃てるこのポケモンはガル対策というより、ドラゴンタイプ対策としての側面があると言えるでしょう
     ガルーラをより確実に見たいならば、マンムー、ジバコイル対策も兼ねてめざ氷を気合い玉に変えるのもアリだと思います

    有利なポケモン 
    ボーマンダ、ファイアロー、マリルリ、ランドロス、ボーマンダ、ガブリアス、カイリュー、猫捨て身ガルーラ等

    不利なポケモン 
    マンムー、トリトドン、霊獣ボルトロス、サンダー、ジバコイル等

    このページのトップヘ