シーズン4にして、ようやくスペレにまともなルールがやってきた!!

 その名もシングル6150!!

pglsupere
 ※PGLより

どんなルール?

 
 簡単に言うと、古来から日本に伝わる1VS1の一騎打ちバトルだ

 ポケモンはパーティに6体まで用意できるが、1体だけ選出して戦う。制限時間の短さも相まって、決着がとても早い

 一戦一戦の消化が早いうえに、Zワザやメガシンカとかいう遅延要素もないので、非常にテンポが良く、従来のレーティングバトルとは違った感覚を楽しむことができるルールである
 
 低レートからのスタートでも、一日でPGLランキング上位に食い込ませることもできる。その逆も然りだが…
 

ORAS環境との違い


 ORASのスペレでも採用されたこのルールだが、サンムーンでは少し環境が違ってくる
 
 まず、新しく追加されたポケモンの参入である。ミミッキュやカプ系、UBはこのルールでも活躍してくれるだろう 
 
 さらに、過去作のポケモンを使用できる点も見逃せない。VC版のポケモンや、第5世代までしか存在しない配布限定技や教え技を覚えたポケモン、コピペロス等の第6世代以降では夢特性が解禁されてないポケモンなどを活躍させることができる
 
 そして、しんかのきせき禁止によって、ORAS環境ではそれなりに存在したポリ2やサマヨールなどのポケモンも実質使用不可となっている 
 
 特にミミッキュはこのルールでも猛威をふるう要注意ポケモンとなるだろう。呪い型やアタッカー型のどちらにも勝てるポケモンがサンムーン環境の構築には必要不可欠となり、前回の考え方はそのままでは通用しなくなるはずだ

構築の組み方


 シングル61では以下のような構築の組み方が望ましい

・型破り枠(ドリュウズ、オノノクス等)
・頑丈枠(ドンファン、ジバコイル等)
・高火力枠(ポリゴンZ、ニンフィア等)
・オノノクスにワンチャンすら与えない枠(ギルガルド、スカーフゲッコウガ等)
・鈍速ハメ枠(呪いミミッキュ、キノガッサ等)
・自由枠

 拘りアイテム(スカーフ、眼鏡、鉢巻)はこのルールではほぼノーリスク(金縛り等に完封されることもあるが)なため、極力パーティに全部持たせたい

おすすめポケモン


1.ドリュウズ

Stalobor_Traumwelt

サンプル
特性型破り
持ち物拘りスカーフor命の珠or半減実
技構成地震/アイアンヘッド/岩雪崩/つのドリル

 そこそこ広い技範囲、型破りによる対ミミッキュ性能、ゴーストタイプ以外に理不尽な確率勝負を押しつける一撃必殺技を備えている非常に優秀なポケモンである。ゴーストタイプのポケモンは大半がドリュウズに弱いため、こいつより遅いポケモンはほとんどが3割のゲームを引き受けないといけないのだ


2.ミミッキュ

Mimigma_(Verkleidete_Form)_PGL


サンプル
特性化けの皮
持ち物命の珠orオボンの実
技構成じゃれつく/シャドークロー/影撃ち/剣の舞 or 呪い/守る/身代わり/挑発

 アタッカー型はじゃれつく(シャドークロー)+影撃ちを耐えられない耐久のポケモンに強く、呪い型はミミッキュより遅いポケモンをほぼ確実にハメ殺すことができるという恐ろしいポケモン。交代という概念がないので、みがまもを突破できない相手には確実に勝てるためである


3.ポリゴンZ

Porygon-Z_Traumwelt


サンプル
特性適応力
持ち物拘り眼鏡
技構成破壊光線/騒ぐ/悪の波動/トリック

 遅いポケモンやスカーフ持ち等のこいつを一撃で倒すことができないポケモンにキチガイ火力を浴びせることで粉砕できる。悪の波動とトリックがあればメインウェポンが通らないギルガルドにも勝つことが可能。不一致馬鹿力等を耐えられる程度に耐久に振るのがのぞましい


他追加予定

最後に


super17


 ORAS時代では、上位がレートの爆下げを恐れたため、終盤はほとんどランキングが動かなかった。最後の最後で、1ページ外だった者が急に2000に乗り1位になって終わったりしたルールである。サンムーンではなんとしても膠着状態に陥ることのないよう、多くの人に積極的に潜ってほしい 
 シングル・ダブルレートに疲れた人、ジャンケンしようぜ!!