ハロウィンに何か記事を書きたいと思ったので、シーズン1視点で新ポケモンを何体か5段階で評価していきます

part1は既存ポケモン及びそのアローラの姿を中心に書いていきます

portrait (15)
ライチュウ
評価★★★★
 特性サーフテールによってエレキフィールド下で絶対的なSを持つ。ダブルではカプ・コケコとあわせて高速猫騙し要員兼メインアタッカーとなるかもしれない

portrait (14)
ガラガラ
評価★★★★
 特性避雷針も併せると優秀な耐性を持つ
 ダブルならカプ・コケコを中心とした構築相手ならばメタとして機能するだろう。優秀な物理技をもらえれば太い骨で強力な物理アタッカーとして活躍できる

portrait (10)
ナッシー
評価★★★
 ジュカインと同じタイプだが威力が高そうな専用技をもらえてるので火力不足には悩まされないか…?
特性のお見通しでメガと違って分かりにくいZクリスタルを見抜ける

portrait (12)
キュウコン
評価★★
 夢特性はおそらくゆきふらしだろう

portrait (13)
サンドパン
評価★
 耐性ゴミである
 夢特性として「すなかき」ならぬ「ゆきかき」なるものをもらえればワンチャンといったところ

portrait01 (5)
ラッタ
評価★★★
 既存の姿と違って、不意打ちをタイプ一致で打てる。悪ノーマルの範囲はかなり優秀である
 剣舞はりきり不意打ちで多くのポケモンを縛れるかもしれない

portrait (3)
ペルシアン
評価★★★
 特性ファーコートによって耐久が既存の姿と同程度だとすると無振りでもエアームド並みの物理耐久を誇る
 悪巧みによって物理を起点できるため、種族値次第では活躍できるかもしれない 

イーブイ
portrait01 (9)

評価★★★★ 
 専用Z技「ナインエボルブースト」 を上から撃てれば耐久上昇によって相手の技を耐えることができる。壁や手軽なS操作で起点を作りながらバトンタッチをすることで既存のバトン構築より理不尽な動きができるかもしれない