今回はシーズン14のスペシャルレートの中盤に使用した構築を紹介します
 GSダブルは全国ダブルに比べて単純に使用可能なポケモンが多くなったため、ギラティナなど猫の手パにおける選択肢も増えています
  せっかくなので、幅が広がった猫の手パがGSルールにおいてどれほど通用するかを確かめるために猫の手を中心とした構築を組んでみました

   1785

(色々な構築を試しているので勝率は酷いです)
 結果は一歩及ばずと行ったところですが、性質上安定して勝てない構築にしてはまあまあやれた方だと思います
※追記 その後潜り続け、最高レートは1822となりました


PT完成までの経緯

 コンセプトは、「先制猫の手ダクホによって相手の行動を制限し、一方的にこちらの攻撃を通す」です
 まず必須パーツのレパルダスとドーブルから始め、基本的なアタッカーとしてダクホと相性のいい気合いパンチを撃てるメガルカリオ、あとは相手次第で選出していくギラティナやアマルルガ、イベルタルなどのサブアタッカーを採用していきました。なお、イベルタルの枠は自由枠であり、ほとんど選出しないため、気分によって他のポケモンに変えています
 メタモンなどはあえて採用せずに禁伝を2体採用したりなど極力パッと見で猫の手ダクホだと判断できないように組んでいます(それでも不自然すぎてやはり警戒される)

PT詳細

レパルダス@広角レンズ
liepard

【特性】悪戯心
【性格】α:図太い β:陽気 
【努力値(実数値)】 α:157(140)-×-110(236)-×-70-143(132)  β:139-120(92)-91(164)-×-70-173(252)
【技構成】α:猫の手/イカサマ/威張る/守る β:猫の手/ダストシュート/威張る/守る

調整
α:A特化鉢巻ファイアローのブレイブバードを高乱数耐え、準速グラカイ抜き調整
β:A特化メガルカリオの気合いパンチ込で、無振りゼルネアスを確定1発、最速

 この構築の要となるポケモン
 技構成は軸である猫の手はまず確定、そして誤魔化し性能と相手の最速起き考慮の威張る、猫騙し+集中を防ぎ、眠りターン稼ぎに使える守るを採用し、残りは通りがいいイカサマか、ゼルネを手早く落とすことのできるダストシュートの選択となった
 最初はイカサマ、途中からダストシュート持ちの個体を使っていたが、 ゼルネアスはやはり多いのでダストシュートで正解だったと思う。地味に広角レンズの恩恵も受けてお得
 どんな構築に対しても必ず出していく。というか出さないとただの貧弱なパーティなので出さざるを得ない
 持ち物は命中率が1.1倍になる広角レンズだが、ダクホを撃つ場合は岩雪崩と同程度の命中率となる。当たる時は当たり続けるし、外れる時は外れる

ドーブル@気合いの襷

smeargle

【特性】ムラっけ
【性格】臆病
【努力値(実数値)】162(252)-×-55-×-66(4)-139(252) 
【技構成】ダークホール/変身/この指止まれ/ニードルガード

 変身を使うため、襷を持ってるのもあって努力値はH極振りとなった
 このポケモンも猫の手を使う以上、絶対選出となる 
 猫の手パでは、このポケモンは多少雑に扱ってよい。クッションとして出され、何もせず散っていく場面も少なくはない
 この指(またはこいつの存在そのもの)で、このポケモンにヘイトを集めて、 横のアタッカーで挑発やファスガ持ちの邪魔なポケモンを削る役割がある
 その必要が無い場合は裏に置いておき、レパルダスが落とされた時の第二のダクホ要員として使ったり、変身からの逆転を狙ったりする
 持ち物はスカーフだとダクホを撃たざるを得ない場面で、ダクホを撃つだけの存在となり腐ってしまうのが打点に乏しいこの構築では致命的だったのでその後も別の仕事ができる襷となった

メガルカリオ@メガ石
lucario-mega

【特性】正義の心→適応力
【性格】意地っ張り
【努力値(実数値)】177(252)-178(252)-91(4)-×-90-110 
【技構成】気合いパンチ/フェイント/この指止まれ/見切り

調整:陽気メガガルーラのけたぐりをちょうど確定耐え、気合いパンチでH207B60ゲンシカイオーガ高乱数1発(99.5%~117.8%)

 この構築の主力となるアタッカー
 レパルダスとセットで先発に出すことがほとんどである
 高火力気合いパンチを放てるポケモンは他にメガチャーレムやメガミュウツーXなどが存在するが、ファイアローのブレバが弱点でなく、この指止まれを使えるのはこのポケモンだけである
 猫の手パにおいてはとても器用なポケモンで、フェイントでファスガを割ったり、この指で相手の挑発を吸ったりしてダクホを通すことができる
 
ギラティナ@白金玉
giratina-origin

【特性】浮遊
【性格】意地っ張り
【努力値(実数値)】226(4)-189(252)-133(100)-×-138(140)-112(12) 
【技構成】シャドーダイブ/ドラゴンテール/道連れ/守る

調整:C183ゼルネアスのフェアリーオーラ補正ムーンフォースを確定耐え、シャドーダイブでH227クレセリア高乱数1発、ドラゴンテールでB1段階↓H181メガレックウザ確定1発

 猫の手パにおいて、一致威力120(さらに白金玉補正もあり)の大技であるシャドーダイブを使えるとても強力なポケモン。守る貫通なので詰めの一手としても使える
 ドラゴンテールも白金玉の補正が入るのでそこそこの火力が出せる
 優秀な耐性を持ち、唯一安定して大ダメージを叩き出せるポケモンなので非常に使いやすい

アマルルガ@メンタルハーブ
aurorus

【特性】フリーズスキン
【性格】穏やか
【努力値(実数値)】207(68)-×-92-150(244)-150(196)-78 
【技構成】自然の力/ミラーコート/吠える/守る

調整:C2段階↑C183ゼルネアスのフェアリーオーラ補正ムーンフォースを確定耐え、珠ダメ&フレドラ反動込H153ファイアローをトライアタックで確定1発

 気合いパンチをタイプで耐えてくる ファイアロー、ボーマンダ、レックウザなどの飛行タイプに強めなポケモンとして採用
 自然の力トライアタックとなり、フリーズスキン補正が乗れば侮れない火力となる
 ミラーコートを活かすため、ゼルネアスにジオコンを積まれた状態からでも耐えて逆襲できるように調整
 持ち物は挑発を撃たれると補助技である自然の力は封じられるため、対エルゲン性能も考慮して仕方なくメンハを持たせた  

 イベルタル@弱点保険
 yveltal
【特性】ダークオーラ
【性格】意地っ張り
【努力値(実数値)】207(44)-193(196)-116(4)-×-150(252)-121(12) 
【技構成】泥棒/空を飛ぶ/フリーフォール/守る

よわい。出さない。以上 
ほぼ見せポケ枠で、カイオーガを入れたりもした

選出

先発:レパルダス&ルカリオ 裏:ドーブル&ギラティナorアマルルガ
・対ボルト、エルフーン入り
先発:ドーブル&アマルルガ 裏: レパルダス&ルカリオorギラティナ

主な立ち回り

ガルーラがいればほぼ必ず初手両守るをする。というか猫持ちは何があっても守った方がいい
ファイアローorクロバット&アタッカーとの対面はファスガを警戒し、基本ダクホ&フェイント。その後の展開は眠りターン依存